groupbyの基礎では、複数列に1つの集計関数を適用するやり方をご紹介しました。
が、「列Xは合計して、列Yは平均したい」というケースもあると思います。

その場合は、以下のように.agg()を使って書くことができます。
※「educational_num」列を平均、「capital_gain」列を合計する

# 集計したい列と関数のペアを定義
func_dict = {
    'educational_num':'mean',
    'capital_gain':'sum'
}

# 定義したペアを.agg()にもたせて集計
data1.groupby('age', as_index=False).agg(func_dict).head()

結果はこちら

Out[38]:
   age  educational_num  capital_gain
0   17         6.685714         48341
1   18         8.220418         65653
2   19         9.086420        133518
3   20         9.341420         74501
4   21         9.430657        185647

さらに、関数は配列で複数持たせることもできます。
※「educational_num」「capital_gain」列の、合計、平均をそれぞれ出す。

# 集計したい列と関数のペアを定義
func_dict = {
    'educational_num':['mean', 'sum'],
    'capital_gain':['mean', 'sum']
}

# 定義したペアを.agg()にもたせて集計
data1.groupby('age', as_index=False).agg(func_dict).head()

結果はこちら

Out[39]:
  age educational_num        capital_gain
                 mean    sum         mean     sum
0  17        6.685714   3978    81.245378   48341
1  18        8.220418   7086    76.163573   65653
2  19        9.086420   9568   126.797721  133518
3  20        9.341420  10397    66.937107   74501
4  21        9.430657  10336   169.385949  185647