リリースノート@分析ツールnehan

2019.09.05リリースノート~思いやり機能をいくつか~

※今後の開発予定機能については、こちらから

※トライアルユーザー様向けのコンテンツはこちらから

※過去のリリースノートはこちらから

 

Googleスプレッドシートからのデータ読み込みが可能になりました

  • いくつか準備が必要なので、下記でご紹介
  • まず、GoogleCloudPlatformにてサービスアカウントキーをjson形式でダウンロードし、nehanの「スプレッドシートアクセス ServiceAccount JSON」に貼り付け

  • 次に、スプレッドシートAPIを有効化
  • 最後に、サービスアカウントのメールアドレスをスプレッドシートの共有設定に追加します。

  • あとは、nehan側でスプレッドシートURLとシート名を入力すれば、読み込み可能に

キー列を指定する結合に、事故を未然に防ぐ機能を追加

  • 2データのキー列どちらも要素が重複したまま結合した場合、分析者が求めていない結果を生みがち
  • そのため、nehanでチェックし、事前にエラーを出すようにした
  • ただし、どうしても実施したいシーンもあるため、その場合はオプションで有効化が可能


キー列を指定する結合に、新しい結合パターンを追加

  • 主に、想定したデータがちゃんと結合されているかを確認する用として
  • 例えば「ブラックリストに入っていないユーザを抽出」することも可能


クラスタリング結果のデータの解釈を手助けする機能をリリース

  • クラスタリング後によくやるデータ変形処理をパッケージング
  • これにより、クラスタの解釈を高速化

コーポレートTOPへ

Contact