リリースノート@分析ツールnehan

2019.08.01リリースノート

※トライアルユーザー様向けのコンテンツはこちらから

※過去のリリースノートはこちらから

 

数値列の離散化機能を追加しました

  • 任意の数値のカテゴリを作成することが可能に
  • 等間隔・等頻度での離散化が可能
  • 「便利前処理(機械学習向け) > 数値列の離散化」から実行可能


文字列の置換が複数文字列置換に対応しました

  • カンマ区切りで複数文字列を指定し、一括置換を行うことが可能に


クラスタリングアルゴリズムに「大規模データ対応」オプションを追加しました

  • メモリエラーが出てしまう場合は、このオプションを使うことで大規模データでもクラスタリングを実施することが可能
  • ただし、サンプリングしたデータに対してクラスタリングしたものを全データに推定していくため、精度が下がる点に注意
  • BIRCH、Mean Shift、Affinity Propagationが対応


複数ファイルアップロードの際の進捗バーを表示するようにしました

  • 大量ファイルの場合、アップロード進捗をよりわかりやすく

コーポレートTOPへ

Contact