リリースノート@分析ツールnehan

[2022.06.23リリースノート]ビジュアライズ制限行数の引き上げ・新スケジュールをちょっとだけ

ビジュアライズ表示制限行数の引き上げ

これまで、ビジュアライズ機能は表示できる出た行数の5,000行に制限しておりましたが、これを10万行に引き上げました。

長期間の折れ線や、大きなデータの箱ひげ図など、できることの幅が広がりました。


新スケジュールをちょっとだけ

スケジュール機能のリニューアルについて、長らくお待たせしております。

開発中の画面が上がってきましたので、一部をお見せしたいと思います。

まず、新しいスケジュールは、分析プロジェクト内の機能から、データソースなども包含する横断的な機能へと進化します。

そして、2月に提供を開始した「系譜」機能を有効に活用することで、簡単に・抜け漏れがない・流れが可視化された、スケジュール実行をお約束します。

 

新しいスケジュールの基本は更新対象を一つ選ぶだけ

例えば、プロジェクトを選択すると、関連するものを自動でスケジュールに追加してくれます。

 

ワークフローの追加/削除の制御もスケジュール上で可能

 

登録すると、関連性から自動で実行順番をセットしてくれる

 

履歴は、実行時間とステータスを確認できる

いかがでしょうか?

あくまでコア機能のプロトタイプではありますが、現状のスケジュールとは全く別物になることを感じていただけると思います。

こういった実行計画、履歴のビューは、エンジニア向けのサービスには珍しくありませんが、いわゆるプログラミング不要のGUIにはほぼない機能と言っても差し支えないほど新しいものです。

提供時期はまだ未定としておりますが、楽しみにお待ち下さいませ。

コーポレートTOPへ

Contact