リリースノート@分析ツールnehan

[2021.12.02リリースノート]外れ値の処理

「外れ値の処理」を追加

ビジネスデータにおける数値データは、たいてい異常な値が混じっており、それらを把握、取り除くことは正しくデータを分析する上で必要です。

この外れ値を処理するための機能を追加しました。

σを用いた手法のみの提供となっておりますが、今後ニーズに応じて手法を追加予定。

※Hyper nehanでの高速処理未対応。今後対応予定あり。

モードは3つあり、とりあえず消してしまいたい場合、そもそもどんな外れ値があるのかを把握したい場合、など使い分けが可能。

2つめのアウトプットには、実際に判定に用いられた閾値情報を出しているので、判定の根拠として確認してください。


教師あり学習に詳細ヘルプ追加

機械学習のハードルを少しでも下げられたらと思います。

コーポレートTOPへ

Contact