分析ツールnehan活用例

複数ファイルの業績データから利益率の推移を可視化する

概要

データがストレージに蓄積されていたり、ツールからエクスポートする場合など、同形式のデータが複数ファイル誕生する場合があります。

例として、年別に分割された業績ファイルを一つにし、利益率を可視化。

これを、nehanを使ってプログラミング不要、ノーコードで実現します。


データ

下記は「1_2020年業績.csv」。同じ形式で2019年、2018年のcsvファイルがあります。


イメージ


STEP1:ファイルを一つに結合

3ファイルをドロップアンドドラッグすれば終わり。

自動で一つのデータとして結合します。


STEP2:利益率算出

分析プロジェクトにstep1のデータを配置し「数値列の操作 > 数値列同士の演算」を接続。

「利益÷売上」「利益率」列に挿入、を設定して実行。

「利益率」列に値が入りました。


STEP3:可視化

ビジュアライズモードを起動。

「縦棒+折れ線」に横軸:月、縦軸:売上, 利益率、を設定。

反映して完成。(グラフタイトルや軸の設定をいくつか追加)


終わりに

やりたいことはシンプルなのに、意外と面倒なファイルの結合。

これを瞬殺し、データ加工、可視化に直結できるnehanのメリットのご紹介でした。

コーポレートTOPへ

Contact