リリースノート@分析ツールnehan

データソース更新時の注意について

いつも、分析ツールnehanをご利用いただきありがとうございます。

表題の件、複数ユーザーで発生した事象につき、注意喚起いたします。

事象

データベースやクラウドストレージ上のデータを、nehanデータソース化した際、元のデータとnehanデータソースのデータの内容が異なる場合がある

どうやったら発生するのか

スケジュール機能などで、同一時刻(もしくはほぼ同じタイミング)に同一データソースを複数回更新する

なぜ発生するのか

nehan側でデータを保存する際に、同タイミングで更新がかかると、データの保存が二重で行われてしまうことがあるため

どうやったら防げるか

  • 主に組織管理者の方は、スケジュールで更新するデータソースが同一時刻、もしくは近い時間に更新がかかっていないかご確認いただき、もしあれば時間をずらしてください。
  • スケジュールの即時実行後、スケジュールの中止をせずに再度スケジュール再実行をしないようにお願いします。

nehanサービス側の改善処置

  • リニューアル予定であるスケジュール機能にて、本事象が起きるリスクを抑える仕組みを設けます。
  • 抜本的にデータソースの2重更新を防ぐロジックを組み込みます。

以上、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

コーポレートTOPへ

Contact