社長の不定期更新

2021年になりました

皆様、昨年は大変お世話になりました。

 

昨年、コロナウイルスの蔓延により、色々なゲームチェンジが起きたと感じております。

弊社の事業の一つである分析支援事業も例にもれずダメージを受け、商談はなくなり案件は消え、5,6月辺りの気持ちは沈んでいたことを思い出します。

一方で、分析ツール開発事業の方は、一年終わってみれば、あれ、まぁまぁよかったね、というフィニッシュとなりました。

 

2019年5月にリリースした分析ツールnehanですが、2020年も大きな機能追加やアップデートを行いました。

マニュアルもリリースし、クオリティはまだまだですが、徐々にですがサービスっぽくなってきた、と感じます。

一方で課題も多く、開発リソースであったり、運用面の課題であったり、要改善ポイントは多々あります。

 

今年の抱負としては、nehanというサービスを一つの到達点に導くこと。

サービスである以上、これで完成というのはありませんが、一つのマイルストンとして置いている地点があり、そこに行きたい。

もう一つは運用。

現状、ユーザーの皆様には誠に申し訳ありませんが、アップデート後の不具合が決して少なくない1年でした。

改善スピードを重視しているが故、運用面の工夫に配分するリソースが足りていないのは事実であり、ちゃんと仕組み化がしたい。

 

私は何事もシンプルが一番好きで、当たり前のことを当たり前にやることが一番だと考えています。

それは漫然と日々を過ごす、ということではなく、常に自分に対して入力を増やし、常に考え、一つのアイデアで複数の問題を解決していく、そしてこれを繰り返していく、ということです。

これさえできれば、2021年、nehanは、もっと多くのユーザーの問題を解決でき、いいサービスだね・使いやすくなった、と言っていただけるに違い有りません。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。

コーポレートTOPへ

Contact