リリースノート@分析ツールnehan

2020.08.13リリース【データ前後の変化をより正確に把握する】

※マニュアル「nehanで始める快適な分析生活」はこちら

ノードのステータスを見やすく。データの変化を見やすく

  • ノード実行成功時、処理前後の列数・行数の変化を右のフィールドに表示するようにしました。
  • 今後、表現を充実させ、よりデータ変化を見える化してまいります。

  • 警告時、メッセージもここに表示します。

  • エラー時もしかり。


スケジュール機能に「更新データ指定」機能を追加(※リニューアルまでの暫定対応)

  • スケジュール機能に「更新するデータソース」の項目を用意し、チェックが付いたデータソースのみを更新します。

  • 挙動としては、スケジュール実行の最初のステップで、チェックがついたデータソースを更新します。
  • 例えば、朝8時にワークフロー1,2,3、およびその中のデータソースを更新すると、下記の様な内部順序で実行されます。

  • もしデータソース更新ステップでエラーが出ると、ワークフロー内のノードはエラーにならず、直接データソース画面をご確認頂く必要があります。
  • ご不便をおかけいたしますが、リニューアルまでの暫定仕様としてご了承ください。

コーポレートTOPへ

Contact